協会概要日本スロージョギング協会からのあいさつ

本来、人間は誰でもフルマラソン程度の距離を走る能力を持っています

スロージョギング考案者田中宏暁理事長福岡大学身体活動研究所所長運動生理学

この度、理事長を拝命しました田中宏暁です。
2009年6月にNHK「ためしてガッテン」でスロージョギングを紹介して頂いて早や7年が経ちました。
それ以来、北は北海道から南は沖縄に至るまで多くの講演会、講習会に呼ばれ、大変多くの方にスロージョギングを実践してその効果を実感して頂くことが出来ました。

また、この2016年には15の医学関連の学会(抗加齢、高血圧、糖尿病、肥満、老年泌尿器、形成外科、心臓リハビリテーション、メンズヘルス、早期認知症、未病システム、スポーツ医学、体力医学、歯科東洋医学、アンチエージング歯科、International Conference on Obesity and Chronic Disease)において、特別講演、教育講演、シンポジストとして招聘されスロージョギングを紹介することが出来、その効果に賛同を得て注目を浴びるようになりました。

更に私が日本において執筆した10数冊のスロージョギング関連書籍の一部が、台湾、韓国で翻訳出版され、(中国でも出版予定)、加えてポーランドとUSAでもそれぞれ新刊書として出版することが出来ました。
一般社団法人日本スロージョギング協会を設立して7年を経過しましたが、海外でもスロージョギングの効果が認知され、既に韓国とポーランドにスロージョギング協会が設立されました。
現在はドイツでもドイツウエルネス協会とドイツスロージョギング協会の設立に向けて契約交渉を進めているところで、スロージョギングが徐々に国際的な広がりをみせています。

一般社団法人日本スロージョギング協会は、若い人から高齢者まで健康で楽しい人生をおくるための基盤作りに有効な、スロージョギングの正しい普及啓発を目指して設立されました。
私もその責務を改めて認識し、全国に普及させるためにも今後は指導者養成講座を各地で開催して、理論と実践のできる指導者養成に力を入れるとともに、日本国内はもちろん世界各国に広めていきたいと思いますので、是非とも皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。


国民一人一人が健康で豊かな生活を送る様になる為に、
スロージョギングの普及を加速。

重松森雄理事長|福岡ランナーズクラブネット代表|世界に誇る福岡マラソンをつくる会実行委員

日本スロージョギング協会を福岡市に移設して4年になります。
この間、スロージョギングの提唱者でもある福岡大学スポーツ科学部教授田中宏暁先生のもと各地で普及活動をすると共に、全国各地スロージョギング大会や指導者養成講座を開催して大変ご好評を頂いております。

走ることが苦手な方、運動嫌いな方でも一度スロージョギングを体験することで運動に対する印象が変わり、楽しい運動習慣の形成につながっています。

現在、日本国民の診療医療費は毎年1兆円の規模で増加しています。
この中で、国民一人一人が健康で豊かな生活を送る様になる為に、私達はこのスロージョギングの普及を加速させてまいりたいと考えています。併せてスロージョギング指導員の教育にも力を入れてまいります。

ぜひこの機会にスロージョギングを毎日の生活の中に取り入れ、心身共に充実した毎日を送りましょう。私たちはそのお手伝いをさせていただきます。
ぜひご一報下さい。